2021Rd2 SUZUKA Circuit結果報告 | 株式会社ABE MOTORS

Abe Blog

2021Rd2 SUZUKA Circuit結果報告

Rd2 SUZUKA Circuitの結果ご報告。

まずはレース経験1年少しでアジアを代表する鈴鹿サーキットでレースができたことを、

MINI Challenge代表のMorishitaさん及び関係者の皆さま、スポンサーの皆さま、そしてAbe Motors Groupの皆さまに感謝です。

サーキットの雰囲気、コースレイアウト、走行した時間全てに、全身と脳内全体が感動した3日間でした。

第4戦が2位、第5戦が3位と、JCWクラス参戦台数が少なかったからの結果。

トップと4秒差ぐらいだけど2分32秒ラップは、自分の限界を突き詰めた内容であり、いまだに濃い記憶が残ってます。

1&2コーナー、S字、逆バンク、Dunlop、外に飛び出る上り、デグナー、ヘアピン、スプーン、130R、シケイン、ストレート、

全コーナーの進入、立ち上がり、全てが感覚と景色一緒になって記憶に刻まれて、とてつもない体験でした。

F1 Japan GPのコース、世界的なF1ドライバーも称賛するコース、まさにモータースポーツの『聖地』という言葉通り。

後楽園ホールでの格闘技、旧国立競技場でのサッカー、甲子園での野球、様々なご意見があると思いますが、

聖地でその競技をやる。オーラというか、パワーというか、全身を貫く感覚が忘れられません。

異常に高い集中力と高速フル回転する脳が、次々に押し寄せる課題をクリアしていく。

恐怖感と感情の高ぶりをコントロールしながら、常に発生する僅かな差を常に修正する。

無事にチェッカーを受けた時の安堵感。

まだ走りたい、まだ体験したい。そんな思いで終わった初めてのレースでした。

一緒に行ったメカニックや監督の社員達も、いつもより気合が入った顔つき。

3日連続同じお弁当も全く気にせず、完璧な準備、整備、戦略でマシントラブルは全くなし。

今回スポット参加のメカニックはHONDAディーラーから転籍した20代の中途採用メカニック。

HONDAの聖地にBMWメカニックになってから初めて来れた笑。

自分が乗ってるCIVICのカップ戦も同時開催しており、Motorsportエネルギー満充電してました。

 

ここから8月までレースは一休み。

この間に新しいEibachスプリングへ交換とミッションオーバーホールの予定かな。

またご報告いたします!

限定車 40th Anniversary Edition🌠 from 品川SR

初代の・・・

関連記事

  1. ドライバーからのレースリポート 練習編

    2020.06.26
  2. 2021 Rd5 富士スピードウェイ結果報告

    2021.12.15
  3. テスト走行でダンパーの大切さを知る

    2021.03.06
  4. 2021Rd3 SUGOサーキット結果報告

    2021.08.31
  5. 体制発表会を開催しました

    2020.06.28
  6. 号外のNew M3 & M4

    2020.09.23

NEW POSTS

ARCHIVE

PAGE TOP